グローバル・スタンダードの温暖化阻止に取組もう!

グローバル・スタンダードの温暖化阻止に取組もう
― SF6 代替ガスへの対応準備はOK? ―

近年、SF6に代る温暖化に影響が小さい絶縁ガスが開発され、ドイツやEUでは既に使用、普及の段階を迎えています。アジアや米国の一部でも同様な動きが始まり、世界の潮流となりつつあります。

電気的性能に優れたSF6ガスは70年余に亘り広く使われてきた一方、温暖化効果がCO2の23,900倍と非常に大きいので、温暖化対策のため、京都会議以降排出規制が強化されてきましたがまだ十分ではなく、温暖化ガス排出削減に取組む国際的な枠組み「パリ協定」が決議され、我が国も批准しました。

従来技術の認識や延長では温暖化阻止の実現は困難でいよいよSF6に代替する新たなガスが必要な時代を迎えました。一層深刻化する温暖化問題の解決には今後の絶縁物質、特にSF6の地球環境への影響を認識し、リスクの極小化や防止を考え、その取組みを現場でも実行することが持続可能で世界に通用する技術、製品を開発する視点ではないか?目先の利益や自国の都合での対応しがちな取組みから脱却したグローバル・レベルの環境、社会そして企業統治が求められているのではないか?

その一つはSF6ガスも実務者の一人ひとりが“SF6ガスゼロエミッション”を目指し、細心の注意を払って取り扱うことであり、更に代替ガスに取組むことではないか?地球温暖化は何としても 阻止しなければならない
人類の課題です。あなたを含め、世界の関係者が課題への認識を新らたにしてグローバル・スタンダードの温暖化阻止に取組む実行、実践が求められています。

日本協同エネルギー株式会社はSF6ガスのユーザーの皆様と協力して、SF6ガス取扱と代替ガスへの対応を推進します。

また 当社は代替ガス “g3 gas” 用 mixing system の販売を計画し、現在準備を進めています。
どうぞ製品カタログ(日本語版)を御請求下さい。準備でき次第、郵送にて御届致します。

 

世界の先進技術で温暖化阻止に取組む

日本協同エネルギー株式会社

電話:03-3853-5875 Fax:03-3853-5877
e-mail:sf6.dilo@coesco.co.jp